ニュース

2018.6.22

ワンポイント講座①
オーナー型事業の3つのメリットとは・・・?

整備手法として以下の方法があります。

①事業者整備型(事業者創設型・事業者改修型)

自ら設置運営する目的で、運営事業者が建物を整備(新築・買取・改修)するもの。

②オーナー型(オーナー創設型・オーナー改修型)

オーナーが施設を建築(改修)してグループホームの運営事業者に貸し付ける方式の事です。

オーナー型事業では、オーナーの方が負担する工事費に対する補助制度があります。

※区市町村によっては、補助対象としていない地域がありますので、注意が必要です。

もっと詳しく知りたい方は、説明会にご参加ください!